今回は、アロマテラピーで用いられる精油について書いていきたいと思います。

精油とは植物の芳香成分を抽出したもの。

植物は特定の場所に植物の香りの元となる芳香成分がつまった油胞というものが存在します。
例えば、柑橘系。柑橘系は皮に油胞があります。
子どもの時に、みかんの皮を2つに折って、相手の顔に向けて、力を加えると、皮から水が飛び出し、目つぶしになるという、今考えると極めて危険な遊びをしませんでしたか?(笑)
実はあの謎の水が、精油です。あの水がかかった手や、あの遊びをしている最中にはみかんの香りがとても香っていたと思います。
植物ごとに、油胞が存在する場所、大きさ、繊細さが違うため、精油を抽出する際にはその植物が油胞を持つ箇所を集め、その植物に合わせた方法で精油を抽出します。

精油の抽出方法

水蒸気蒸留法
釜に原料となる植物をいれ、水蒸気にあて蒸します。

そうすると、水蒸気の熱で油胞が壊れて揮発するので、それを冷やして液化させて精油を採取します。
精油の抽出方法として一番多く使われています。

例:ティートリー精油

f:id:sasarae:20171021185850j:plain
釜に原料となるティートリーの葉を入れます。

f:id:sasarae:20171021190239j:plain
揮発した精油が混ざった水蒸気を冷やすと、植物の成分が混ざった水(芳香蒸留水といいます)と、精油が液体として出来ます。
↑の写真は上澄みが精油、下が芳香蒸留水になります。

f:id:sasarae:20171021190608j:plain

いっぱい溜まったものがこちら。
上澄みの透明な部分が精油。下が芳香蒸留水。
こちらの精油の部分のみを採取したものが「精油」として売っているものになります。

圧搾法
原料となる植物をローラーなどで押しつぶし、精油を抽出します。
柑橘系など油胞が大きい植物から精油を抽出する際に多く使われています。

揮発性有機溶剤抽出法
熱や力が加わると、精油成分が壊れてしまう植物(ジャスミンやローズなど、花が多い)から精油を抽出する時に使われる方法です。
石油エーテルなどの揮発性有機溶剤とよばれるものに、原料となる植物をつけこむと、溶剤に植物の芳香成分がうつります。
芳香成分がうつった溶剤を、低温で蒸発させると、コンクリートとよばれる半固体状の物質ができ、その物質をエチルアルコールなどで溶かして不純物を取り除いた液体がアブソリュート(花)やレジノイド(花以外)とよばれる精油になります。

超臨界流体抽出法
一番新しく開発された抽出方法です。
二酸化炭素などの液化ガスに圧力を加え、液体と気体の間の超臨界状態にすると、原料となる植物の芳香成分は二酸化炭素にうつります。
うつった状態で、圧力を通常に戻し、二酸化炭素が再び気化すると、植物の芳香成分だけが残ります。
この方法だと、植物の純粋な芳香成分を抽出することが出来ますが、コストが高く、あまり使用されていません。

精油とは天然の有機化合物の集まり

以上のような方法で抽出される精油ですが、精油とは、植物が作った天然の化学物質である有機化合物の集まりになります。

例:ヘリクリサム精油

f:id:sasarae:20171021180547p:plain
こちらは精油を購入した際についてくる、その精油にどのような成分が含まれているかをあらわす表になります。
精油には数十〜数百もの有機化合物が存在するといわれ、現在研究が進んでいますが、いまだ解明されていない有機化合物も多くあります。

植物が作り出した有機化合物は、様々な力があります。
例えば、ヘリクリサム精油にも含まれる「モノテルペン炭化水素」。
モノテルペン炭化水素にも様々な種類があるのですが、モノテルペン炭化水素類という大きなグループとして考えると、
このグループの特性として、

  • 優れた殺菌作用
  • うっ滞除去作用
  • 血流促進作用
  • 抗ウイルス作用
  • 鎮痛作用
  • 揮発性が高いため、劣化しやすい

などが挙げられます。
精油が身体に取り込まれると、身体全体にこれらの力を発揮し、影響を与えるのです。

ただ、注意しなければいけないのは、植物が作り出した精油は「植物の力そのもの」であるということです。

植物に存在していた時よりも濃縮された状態である精油は、とても強力な力を持っているので、精油をそのまま身体に塗ると皮膚に炎症を起こしてしまうなど、私達の身体に害をもたらしてしまいます。(薬が正しく使用しないと、毒になってしまうのと一緒ですね)
精油には直接に触れず、身体に塗る場合は植物オイルと混ぜた状態で塗ることが鉄則です!

人工的に香りを作ることも出来るけれど・・・

精油に存在する化学物質の幾つかは、化学の力で人工的に作られているものも多くあります。
それらは香水で使われたり、芳香剤などで使用されていたりします。精油よりも安い値段で販売されているものも多く、だったら精油でなく、人工的に作られたもので十分でないかと思う方もいるかもしれませんが、、、、
絶対におすすめできません!
精油に存在する多くの有機化合物は、お互いに力を増したり、毒性を消しあったりしています。
単体では炎症など起こす毒性の強い化学物質でも、精油として、多くの他の化学物質と混ざり合うことで調和がとれ、不思議と毒性が消され、身体にいい影響をもたらしたりします。
あくまで、植物から抽出された100%天然の精油が心身に大きく、深い影響を及ぼすのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です