男性更年期障害とは

原因がわからない!? いいえ、原因は必ずあります。

簡単にいえば「年齢を重ねるにつれて男性ホルモンが低下し、身体全体のホルモンのバランスが崩れ、そのことが原因で表れる様々な心身の不調のこと」です。 「LOH症候群」(=「加齢男性性腺機能低下症候群」)とも言われ、30代後半から60代男性にあらわれやすいと言われています。

その症状は、慢性的な疲労感、頭痛、めまい、肩こり、腰痛といった身体症状、イライラ、精神不安定、集中力ややる気の低下、無気力といった精神症状、 性欲の低下、勃起障害、射精障害といった性機能症状など多岐にわたります。

 

それでは、なぜ更年期障害があらわれてしまうのでしょうか?

本来、男性ホルモンは年齢と共に緩やかに低下するため、体内のホルモン環境も少しずつ変化、それに合わせて身体もゆっくりと適応していきます。
ですが、「なんらかの理由」で男性ホルモンの分泌がガクンッと減少してしまった場合、急激なホルモン環境の変化に身体は適応出来ず、大きな負担がかかり、結果として男性更年期障害の症状がでてきてしまうのです。

その原因としてあげられるのが、更年期の男性が置かれている仕事環境、家庭環境、体調の変化やそれに伴うストレスなど。
仕事では責任が重くなり、立場も変化することで、若い時のようにがむしゃらに働くだけではどうにもならないことも増えます。
家庭では子供の自立により父親や夫としての役割が変化。
そして、健康では身体機能の低下をはっきりと感じ、思うようにならない身体に「違和感」を感じ始めます。
このような様々な変化を上手く受け入れることが出来ないと、それは心への大きな負担に繋がり、気力が低下すると共に、体の衰えにも拍車をかけ、男性ホルモンの分泌を大きく減らす原因となってしまうのです。

更に、更年期の男性と関わりの深い病気として「うつ病」や「副腎疲労(アドレナルファティーグ)」があげられます。
「ミドルエイジ・クライシス(中年の危機)」という言葉をご存知でしょうか?
まさしく、先程書いたような変化を上手く受け入れることが出来ず、心への負担が大きくなってしまった場合に起こる、中高年男性特有のうつ病や不安障害をこう呼ぶのだそうです。
誰にでも起こり得ることなのですが、男性は誰かに相談することが苦手なため、精神的に追い詰められてしまう方も多く、以前から深刻な問題として指摘されています。
そして、最近注目を浴びているのが「副腎疲労(アドレナルファティーグ)」。
副腎とは左右の腎臓の上に一つずつある重さ約8gほどの小さな臓器。
ですが、そこでは、抗ストレスホルモンをはじめ、私たちの身体にとって重要なホルモンが数多く作られており、私たちの身体をコントロールしている臓器といっても過言ではありません。
その副腎が長年のストレスや大きなストレス、偏った食生活などが原因で過労状態となり、著しく機能が低下してしまうことを「副腎疲労」と言います。
副腎の機能が低下すると、慢性的な疲労感、イライラといった精神的不安定、睡眠障害、免疫力の低下などの症状が引き起こされる他、副腎では更年期の男性にとって大切な男性ホルモンも作られているため、男性ホルモンの低下にも繋がってしまうのです。
男性更年期障害、うつ病、副腎疲労(アドレナルファティーグ)。
これらは互いに深くリンクしており、それぞれがそれぞれを引き起こす「引き金」となったり、影響しあうことで症状を増悪させてしまうこともあります。

男性更年期障害は、加齢による男性ホルモンの低下が原因ではありますが、その背景には更年期男性の置かれている複雑な現状、そしてそれが原因となって引き起こされる心身の機能のアンバランスが存在します。
40歳は人生の折り返し地点といいますが、本来であれば、様々な経験を積み、人としての深みも加わってきた、人生後半戦こそ楽しい時。若い時には出来なかった素敵な体験が出来る時間のはず。
これらの時間を、「歳だから」と心身の不調を背負ったまま、なんとなく生きるのではなく、不調をきちんと整えたうえで、いつまでも若々しく、充実した素敵な時間を過ごしましょう。

加齢と性ホルモンの変化

テストステロンの作用臓器

男性ホルモンの95%は睾丸でつくられる。それらの代表格がテストステロン。
さまざまな作用をもつだけに、血中のテストストロンが減少すると多岐にわたる症状が発現。
40歳以上でEDや抑うつ感、睡眠障害、筋力低下などを訴え、テストステロンが一定水準未満に低下の場合、男性更年期障害と診断される。

アロマテラピーの仕組み

1.脳と香りの関係

嗅覚から直接脳を刺激することで、さまざまなストレス症状の緩和を狙うのがアロマテラピー。植物から精製された香りを嗅ぐというシンプルな治療法ですが、人の脳の中では生命を維持する部分にまで影響を与えることが知られています。

香りの成分が鼻から入ると、鼻の粘膜に吸収されて電気信号になります。香りの電気信号は嗅神経を通って脳の「大脳辺縁系」という部分に直接影響を与えます。「大脳辺縁系」は、「扁桃体」「海馬」「視床下部」などを含めた脳の内側の部分のこと。ここは人間の本能的な活動を担う部分といわれ、恐怖・快不快・情緒といった情動、食欲・睡眠欲・性欲など本能的行動、そして生命活動をコントロールする自律神経や記憶にも影響を与える、とっても大切な部分です。

特定の香りで癒されたり、記憶が甦ったり、懐かしさを感じたりするのもこのためです。

2.免疫力アップ

免疫力は、加齢(30代をピークに免疫力は低下)・ストレス・生活時間の乱れ・睡眠不足・偏った食事による栄養不足などが原因で低下してしまいます。

また更年期は身体そのものが変化する時期であり、健康診断などで生活習慣病があらわれてくるのもこの頃。健康について不安や悩みを抱きやすくなるのは、社会的・家庭的環境の変化などから、体力や免疫力を低下させるような外因が多くなってくることも影響しています。

「ラベンダー精油を使用したトリートメントが免疫機能に与える影響」という実験では、「ラベンダー精油を配合したホホバ油を使用したトリートメントを2カ月以上継続して受けることにより、NK細胞活性値が有意に上昇」する結果が報告されています。

「現代人と免疫力低下」
https://www.otsuka.co.jp/b240/reason/
「ラベンダー精油を使用したトリートメントが免疫機能に与える影響」
https://www.aromakankyo.or.jp/basics/literature/new/vol18.php

3.アロママッサージと皮膚浸透力

アロママッサージの施術時間は60分以上が好ましく、90分が理想です。その根拠の一つとなっているのが皮膚から吸収されるまでの時間です。一般的に、表面麻酔薬を皮膚に塗った場合、約60分で真皮層まで浸透します。この真皮層には毛細血管が多く、ここから精油の成分が吸収されて全身に運ばれます。

SASARAEオリジナル 5種類のアロマ

脳科学研究、ホルモン療法、精油の伝承医学、気の科学(五行)など、複合的に割り出された 5つのSASARAE オリジナル 男性専用アロマオイル

「体力」

ミドルエイジの男性のすべてを支えるチカラ。
仕事をこなすこと、遊びを楽しむこと、周囲の人を思いやること。そのすべてを安定期に行うことができるのは、体力がともなってこそ。 Sasaraeオリジナルアロマ「体力」は、加齢によって衰えがちな筋肉に働きかけ、全身を活性化するためのオイルです。

「知力」

物事を落ち着いて判断するチカラ。
大きな責任をともなうミドル世代の男性。時には大きな決断を迫られることもあるでしょう。そんな時、自らが培ってきた経験と知識を総動員し、情熱的かつ冷静に決断を下すことができますか? Sasaraeオリジナルアロマ「知力」は、ここぞという時、さまざまなインスピレーションを湧き立たせるオイルです。

「精神力」

物事を成し遂げるために、折れない強さを。
第二の思春期を生きるミドル世代は、若い頃から走りつづけてきた疲れやが表に出やすくなる時期。
悩み、迷い、責任、ストレスを跳ね返す意志の強さと粘りが足りない。落ち込みやすい気持ちを明るく前向きにするのがSasaraeオリジナルアロマ「精神力」です。

「生命力」

生きるチカラは、病気や老いと戦うチカラ。
生命力が弱まってしまうと免疫力が低下し、さまざまな病にかかりやすくなってしまいます。身体機能の低下が加齢に拍車をかけ、実年齢より老けてみえてしまうことも。Sasaraeオリジナルアロマ「生命力」は、若々しい輝きを取りもどすオイルです。

「運命力」

ダメだと思った時に、ちょっとしたラッキーに救われたことはありませんか?

仕事でミスをしてしまった時に、思わぬ助けに救われる。そんなツキや運を呼び込むのも実力のうち。
「笑う門には福来る」というように、開運の基本はイキイキとした笑顔。Sasaraeオリジナルアロマ「運命力」は、コミュニケーションを円滑にし、災いをはねのける「笑顔」を取りもどすオイルです。